大発見に繋がる?

シャムネコのための専門店というのがあるんですね。ネット限定だったのですが、そこを見てみてやっぱりびっくりしました。

うちと同じようなものにこだわっている猫も沢山いるようですね。もしかしたら打ちの猫だけなのかななんて思ったりもしていました。

そこに書かれている人のコメントでも私とよく似たものがありました。とても興味深く見ました。考えていることって本当に同じだなと思いましたし、前に食べて吐き戻すというのもそうですが、この人の書いてあったのも同じようなことがありました。

もっともっとこれからいろいろなことを知りたくなりました。共通しているものや違っているものなど見えてくるものも出てくるでしょう。

ほんとに面白いですよね。ねこをかっているだけでこんな不思議な事までもが発見できるのですから。

シャム猫問わずいろいろ調べてみようと思っています。

猫に関する世紀の大発見に繋がるかも?そう思っているとワクワクしますね。

前回の続き

キャットフードでいいものや悪いものがあるのかということを調べなければいけませんが、うちの猫でもそうなのですが、合う合わないというのはやっぱり大きな要素だと思います。

魚が好きな猫ちゃんにとっては、肉のキャットフードはあまり好まないでしょうし、逆も同じことが言えるでしょう。

だからこそおいしいまずいというより、においをかいで、それが良いものであれば飛びつくのかもしれません。一度食べてみないとわからないものでもあるのですが、食べない限りはとりあえずおいしいものかってわかりませんね。

値段の高い安いというのもやっぱり高いものはいいものが入っている。ということを聞いたことがあります。

猫にとってそれがおいしいかまずいか、値段の価値観ではわからないかもしれませんが、やっぱり人間が厳選しているだけあっていい物を使ってるということなのでしょう。

また地方によっては、特産品の物を安く手に入れることができますので、キャットフードも豪華なものが多い割には安く作ってるものもあるそうです。

そういった点も調べてみると本当に面白い結果が分かってきますね。

違う事実

猫は好き勝手があるという事を書きましたが、もう一つ付け加えて書いておきたいと思います。

実は店員さんから聞いた話なのですが、猫が一生懸命食べる時というのはお腹がすいてるときもあるのですが、もしかしたらお腹の調子が悪くて、それを吐き出したく思って、食べている時もあるということでした。

つまり気分が悪いので草などを食べてそれを吐き出すという作業をするらしいのですが、それと同じで、嫌いなものを食べて吐き出したいというのもあるのかもしれないということでした。

幸いうちのミーコに関しては、そういった動作をしているわけではありませんでしたので、違う方かもしれません。

ただ外にでた時にもしかしたら吐いているかもしれませんね。一連の動作を見ていると、そういったことも考えられるのではないかと教えていただき本当にありがたく思いました。つまり嫌いなキャットフードを食べたのは、本当に嫌だからこそ、あえて食べたのかもしれないという事です。

面白い結果ですよね。

だから、人間の好き嫌いと同じく、嫌いなものを食べてあえてはきたいと言った行動だったのかもしれません。

それを考えるとすごい行動だと思います。

やっぱり不思議

先日書いたのですが、今まで食べていたものが嫌いになったり嫌いだった食べ物が好きになったりするのかということをペットショップの方に尋ねてみると、絶対そうだという事言い切れませんが、そういうことよくあるということでした。

好き嫌いとかではなく、本当に猫は自分自身が気に入った物は食べるけれども嫌だと思ったものは食べない。

でも嫌だと思っていたものも今回は食べてやろうみたいな感じで食べることもあるということでした。

本当にかわった生き物なんだなと思いますが、そのわがままさやツンとした感じがたまらない時もありますね。

猫を飼っている人にとっては「あるある」なことなのかもしれませんが私にとっては本当に勉強になります。

こればかりは答えがないというのも面白いものですね。

しかし、やっぱり定番というか、絶対にこれはというようなキャットフードもあるはずですので、そういったものもどんどんと調べて行こうという気持ちになりました。

あら、不思議

全く見向きもしなくなりました。猫はかわりやすいといいますが、それは、確かに同じものを食べさせたらそうなるというのはわかるのです。

しかし、以前全く食べなかったものに対してそっとあたえてみるとガツガツと食べだしたのです。意味がわからないんですよね。

人間の場合は好き嫌いがあれば嫌いな方は全く食べないはずなのにねこに関しては食べるのでしょうか。

あるテレビ番組を見て気づいたのですが、セレブな方は、一般の人たちが食べているようなb級グルメのようなものでも美味しく感じるというのを見たのです。

もしかしたらこのシャムネコも同じことなのかなと思ったりしました。普段おいしいものを食べていると大して美味しくないものの方がおいしいと感じてしまうのかしら。

なんだか答えがわからなくなってしまいますが猫って本当に不思議だなと思いました。

しらべていくうちに

いろいろ調べてみるとどうやら猫はえさを食べる前に鼻で一旦キャットフード等をにおってからゆっくりと食べるようです人間で言う毒見という形なのでしょうかね。

そしてにおいを嗅いでみてどんなに自然食であったとしてもそろりそろりと食べ始めます。

まるでどくでも入っていたら死んでしまうのではないかというような食べ方ですそれで一旦大丈夫だということがわかったらその後は抵抗なく食べることもわかりました。

また、一度食べておいしいとわかったものは安全だと思うのかそこからはそれほど慎重にならずに食べていたこともわかりました。

ただ一度添加物が入っていてたべないと思ったキャットフードはどんなに形を変えたとしても変化を咥えたとしても全く手をつけることがありませんでした。

本当に猫ってすごいなと思います。考えてみれば体に悪いものをむるに食するという考え方は動物にはありませんものね。

お腹がすいていたら食べるのはしかたがないという考え方もないのでしょう。

何かがわかる

脱線が続きましたので、話は以前の状態に戻します。うちの猫が食べるものと食べないものとにわかれているという事はどうやら何か原因があるからです。

店の味が違うから?中身が違うから?などいろいろ見てみましたが、そういう理由ではありません。

もちろん私たちも同じように好き嫌いがあると考えれば、わからなくもないのですが、同じ内容のものを使っていても、この会社のものだけは一生懸命食べるのにある会社に関しては全く手をつけないというものがあるわけです。

それと調べてみると、あまりはっきりと書かれているわけではありませんが、どうやら添加物が含まれているようです。

私たちが食べているものの中で添加物を含まれていないものをそっと与えてみるとよくたべましたよ。

もちろん逆の場合はほとんど口にすることもありません。

すごいなと思います。

動物のほうが判断に優れているんですね。我ながらこの歳になって感じることばかりです。

猫に教わりました。

クリーンなところ

社会見学ではありませんが以前、調査をしたことがあります。なんかそういう言い方をすればすごく堅苦しく聞こえますね。

しかしそうではありません。自分の飼っている大切なペットがどういったものを口にしているのかということをもっと知りたくなったためです。

お肉は本当にいいものかどうか。お魚でもそうです。余っているようなもの与えてるのかと。でも、そうではありませんでした。

もちろん人間が食べているような上等なものを食べさせるというわけではありません。

うまく再利用しているなと言う感じの物を与えていると思います。

劣っているとかまさっているとかというわけではなく、本当に猫のことを考えて作られているんだなということが調査の結果横わかりました。

そういうところって、やっぱり会社も信用できるんですよね。

調査してもすぐにオープンにしてくるとこというのは自信があるからなんでしょうね。

人間の場合と同じですね。信頼できるところは全てクリーンなんですよ。

肉好きなうちのねこ

魚が大好きな猫が多い中、うちのシャムネコのミーコに関しては本当にお肉が大好きなんです。

いろいろ他の人にも聞いてみると、お肉が大好きというのは別に意外ではないようです。つまり、他の猫でもお肉が大好きだということです。

よかった。そういうキャットフードもうっているようですね。

そして私の偏見だったのかもしれませんが、お魚のキャットフードの方が高いのかなと思ってたりしましたし、お肉の方があまり食べない猫ちゃんが多いので、粗悪品というような肉が入っているのかと思っていました。

すごい私の先入観ですよね。ただタイトルではすごく高級なタイトルがついていたり、内容だけ見れば、おかしくないようなものばかりが書かれてあるので、逆に胡散臭いなと思っていました。

本当のところどうかわかりません。

そしてペットショップなどに聞いてみても、そういうところまでは具体的にはわからないようですね。

次はフードを販売している会社に聞いてみます。

悩みます

本来ならこのブログでこの商品はこういう形でよい、悪いという方に載せたいのですが、あくまでここではそれほどはっきりと載せることはできないので、具体的に申し上げられないのは本当に心残りなのですが、お店で売っている商品でこういった感じのものはミーコはなかなか食べないということと、逆によく食べるというものを載せていきたいなと思っています。

本当に猫というのは好き嫌いが激しいというか、好みがわかれますね。

うちの猫は特にお魚よりもお肉のほうが好きみたいです。そういう猫もいるんですね。魚に関してはどちらかというとあまり好きではないのかななんて思ったりしています。

それでも高級魚は食べるのに普通の魚なら食べないという・・・。

勝手ですよね。また安い物でもガツガツ食べるかと思いきや、同じ種類の物でもぷいとする物もあって。

ちょっと勝手すぎよ、あなたは、と何度思ったことか。

気品がある歩き方をされると、ちょっとむっとしてしまいます。