いいことか悪いことかは分かりませんが・・・。

これはあるのですが、もし雨などの水に濡れてしまった場合

乾燥性のものなら間違いなくふやけてしまって猫は手を出さないことでしょう.

ってことで、本当にそういう意味でデリケートというか、

神経質というか、ネコにはそういうところがあります.

だからちょっとでもぬれると食べません.

ようは「ぬれさせた、いらん!!」ということなのでしょうね.

そしてまたこれはあくまで想像ですが、

味がうすくなってしまうのか、味がなくなってしまうのか

そんな感じなのではないでしょうかね.

実際のふやけてしまったキャットフードを見てると

これなら食欲もわかないなという気がします.

ですので、デメリットとしてはやっぱり水に濡れてしまうと、美味しくなくなってしまうという点ではないでしょうか.

これは猫を飼っている方ならほとんどの方がご理解いただけると思います.

ぬれても大丈夫になるか、また違った意味でコレを逆手にとった商品がすごく出るのではないかと期待しているのです.

 

 

あけにくいのはデメリット

キャットフードそのものが悪いというものではないのですが、

私はあのジュースの缶缶のあけ方と同じようなやり方のものがありますが

あれがどうも好きになれないのです.

一つは開けるところがとても硬くて、何かそれをあけるためにドライバーを使ったり、近くにある硬貨を使ってあけるわけですね.

これがまた本当に力が必要で大変だなと思うときがあります。

それで少し上がって缶をあける時にまたまた堅くて、めくり上げるときに大変な思いをした事も何回もあります.

女性の場合は、そういった力が弱いので、

普通に開けるだけでも極端な話大変な時があります.

体力がない時や指先に力が入らないときはなおさらです.

ここを改善してくれるとありがたいなと思いますし、

あけるのが楽なキャットフードはわたしにとっては、とても重宝しますので、そちらを優先的に購入します.

値段が高いか安いか高いか、よいか悪いかというよりも、こういうところで選んでしまう時があるんですよね.

メリット・デメリット共に追求を

全般的にキャットフードというのはよくできているというか。
これを作っている会社が本当に努力をしているなと思います.

おいしいだけではなく、あきないようにするためには

どうしたらよいのかという事を日々研究しているということがよくわかるからです.

犬とは違って猫の場合は本当に大変だと思います.

だからこそ味を追求し、そして飽きない味を求め続けているんだろうなと思います
また猫の種類は本当に多く、その種類に応じてえさが違うのがほとんどですので、猫ちゃんの体調管理もしっかりと栄養面も考えていかなければなりません.
猫の種類によっては、受け付けないものもありますし、食べすぎると体に悪いものもあるでしょう.

そういうところはメリットどころかデメリットになるわけですが、そこを追求するのではなく、あくまで全体的にやっぱりメリットと言われてるところをこれからも見ていきたいと思います。

また、デメリットも全体的に共通するところなので、そういうところも指摘していきたいと思います.

データーから分かるデメリット

こんなわるいところとしてあげている生地がありました。

  • 発がん性がある保存料(BHA・BHT)を使っているのであげたくない。

  • 獣医に勧められて購入したものの食いついが悪い(得に療法食)

  • 生産国が韓国になるみたいなので変わりのものを探しています。

http://キャットフード食べ比べ.com/catfood-hyouban-kutikomi.htmlより

確かにこれを見る限りでは、えさをあげたくないなと思いますね.

発癌性なる保存料を使っていたらやっぱり気持ち悪いですし、

つぎにたべないとなってはいいものであったとしても、意味がないと思います.
そして最後の文章は、ちょっと考えさせられますが、

生産国が韓国製というのは嫌だという意見は

何かしら猫ちゃんに被害があった経験を持ってる人の意見なのかもしれません.

このようにデメリットを考えている方が多いようです.

その中でも圧倒的多いのは保存料の問題ではないでしょうか.

これに関しては致し方がないところもあるかもしれませんが、

できる限り自然のものを使っていて、化学物質を使っていないものを与えたいと思うの

は飼い主の心理でしょうね。

 

えさ代から考える。

高級な猫にかかわらず、たいてい猫の一日にかかるえさ代としては

100円前後だと言われています.ですので、スーパーなどで売っているキャットフード、特に生えさタイプの場合は、100円前後で売られてると思います。

しかし、それよりも高い金額のものを買ったりすると、やっぱりネコの年間のえさ代としてはかなりかかってくることになりますね.

シャム猫の場合でも、例外ではありません.

だいたい100円前後で十分だと思います.

特に乾燥系のキャストフードの場合は小粒タイプのものを与えるはそんなに食べることはないと思いますので、十分だと思いますよ。

となると逆解釈からすれば悪いキャットフードの場合は、大きく作られていて、それが、高く販売されてるってことになりますね.

また、食欲をそそるようなものが大量に含まれていて、栄養になるとかではなく、単純に早く消費するように作られたものは考えものだといえるでしょう.

猫のことを考えて作った会社はやっぱり信用がおけます。

そういうことを考えて購入するといいのではないでしょうか.

徹底追跡の難しさ。

キャットフードのいいところを徹底的に調べることは、

楽しくて仕方がないのです。

しかし逆にこのブログのタイトルにも書いていますように

悪いところを徹底追跡するというのは忍びないような気がします.

しかしこれを知らない限りはいつまでたっても、いいものが発見できないという

感じがしますので仕事だと思って見ています.

でもやっぱりと気づくと長所がしっかりとアピールされているところというのは

かえってそれがデメリットになっているようなサイトも多いように思いますし

むずかしいところだと思います.

あまり宣伝ばかりされていると本当にここは大丈夫なのかなと

思ったりする・・・そういうところもデメリットになっているんでしょうね.

猫ちゃんを飼ってるところは大概わかってると思いますが、

わがままな食べっぷりにどうしようかという事ですものね.

ちょっと変わったキャットフードも猫にとってもありがたいと思うときがありますから.

むずかしいところです.

なんでこんなに吸い込まれる?

キャットフードの良いところ悪いところを

探しているうちにあるところに気づいたのです。

その気付いたことは何かといいますと、

見とれてしまうサイトってあるんですよね.

何がいいのか悪いのかわからないんですけど、

そのサイトに行けば必ずといっていいほどみとれてしまうって

いうところがあるんです.
実はこのサイトを皆に見て欲しいですけど。
参考情報:https://nekobachan.com/canagan-matome/
ここって何だかとても落ち着くというか、

こっちは調べ物したくてそこにたどり着いたのに、

そこで居心地が良くなって、

ずっと見ているみたいなところがあるんです.
猫だってそうなんです.

おいしいかまずいかわからないのですが、

夢中になって食べている時があります.

でも何が美味しくて何がきにいっているのかわからない時があります.

もしかしたら私と猫っていうのがとても似ているのかななんて思ったりしています.

私が紹介したところもけっしてマイナーなところではなく、

むしろよく知られてるところですものね.不思議な感じです.

大発見に繋がる?

シャムネコのための専門店というのがあるんですね。ネット限定だったのですが、そこを見てみてやっぱりびっくりしました。

うちと同じようなものにこだわっている猫も沢山いるようですね。もしかしたら打ちの猫だけなのかななんて思ったりもしていました。

そこに書かれている人のコメントでも私とよく似たものがありました。とても興味深く見ました。考えていることって本当に同じだなと思いましたし、前に食べて吐き戻すというのもそうですが、この人の書いてあったのも同じようなことがありました。

もっともっとこれからいろいろなことを知りたくなりました。共通しているものや違っているものなど見えてくるものも出てくるでしょう。

ほんとに面白いですよね。ねこをかっているだけでこんな不思議な事までもが発見できるのですから。

シャム猫問わずいろいろ調べてみようと思っています。

猫に関する世紀の大発見に繋がるかも?そう思っているとワクワクしますね。

前回の続き

キャットフードでいいものや悪いものがあるのかということを調べなければいけませんが、うちの猫でもそうなのですが、合う合わないというのはやっぱり大きな要素だと思います。

魚が好きな猫ちゃんにとっては、肉のキャットフードはあまり好まないでしょうし、逆も同じことが言えるでしょう。

だからこそおいしいまずいというより、においをかいで、それが良いものであれば飛びつくのかもしれません。一度食べてみないとわからないものでもあるのですが、食べない限りはとりあえずおいしいものかってわかりませんね。

値段の高い安いというのもやっぱり高いものはいいものが入っている。ということを聞いたことがあります。

猫にとってそれがおいしいかまずいか、値段の価値観ではわからないかもしれませんが、やっぱり人間が厳選しているだけあっていい物を使ってるということなのでしょう。

また地方によっては、特産品の物を安く手に入れることができますので、キャットフードも豪華なものが多い割には安く作ってるものもあるそうです。

そういった点も調べてみると本当に面白い結果が分かってきますね。

私が調べた範囲では、例えば道の駅なんかでも地域特産物を使ったキャットフードってあるみたいですね。

他にも、やはりペットフードに関しては海外、特にアメリカとヨーロッパが有名で、工場などもかなり気を使った品質管理をしているのだそうです。

ただこれに関しては、やはりキャットフードではなくてドッグフードが進んでいるみたいで、例えば有名なアーテミスはアメリカ製です。

参考情報:http://www.kmt-dogfood.com/artemis/top.html

きっとキャットフードについても、ドッグフードと同じように二極化が進んで、地域特産系と海外系に別れるのかmおしれませんね。

愛猫家の私たちにとっては嬉しいニュース化も?って思います。

 

違う事実

猫は好き勝手があるという事を書きましたが、もう一つ付け加えて書いておきたいと思います。

実は店員さんから聞いた話なのですが、猫が一生懸命食べる時というのはお腹がすいてるときもあるのですが、もしかしたらお腹の調子が悪くて、それを吐き出したく思って、食べている時もあるということでした。

つまり気分が悪いので草などを食べてそれを吐き出すという作業をするらしいのですが、それと同じで、嫌いなものを食べて吐き出したいというのもあるのかもしれないということでした。

幸いうちのミーコに関しては、そういった動作をしているわけではありませんでしたので、違う方かもしれません。

ただ外にでた時にもしかしたら吐いているかもしれませんね。一連の動作を見ていると、そういったことも考えられるのではないかと教えていただき本当にありがたく思いました。つまり嫌いなキャットフードを食べたのは、本当に嫌だからこそ、あえて食べたのかもしれないという事です。

面白い結果ですよね。

だから、人間の好き嫌いと同じく、嫌いなものを食べてあえてはきたいと言った行動だったのかもしれません。

それを考えるとすごい行動だと思います。