何かがわかる

脱線が続きましたので、話は以前の状態に戻します。うちの猫が食べるものと食べないものとにわかれているという事はどうやら何か原因があるからです。

店の味が違うから?中身が違うから?などいろいろ見てみましたが、そういう理由ではありません。

もちろん私たちも同じように好き嫌いがあると考えれば、わからなくもないのですが、同じ内容のものを使っていても、この会社のものだけは一生懸命食べるのにある会社に関しては全く手をつけないというものがあるわけです。

それと調べてみると、あまりはっきりと書かれているわけではありませんが、どうやら添加物が含まれているようです。

私たちが食べているものの中で添加物を含まれていないものをそっと与えてみるとよくたべましたよ。

もちろん逆の場合はほとんど口にすることもありません。

すごいなと思います。

動物のほうが判断に優れているんですね。我ながらこの歳になって感じることばかりです。

猫に教わりました。