えさ代から考える。

高級な猫にかかわらず、たいてい猫の一日にかかるえさ代としては

100円前後だと言われています.ですので、スーパーなどで売っているキャットフード、特に生えさタイプの場合は、100円前後で売られてると思います。

しかし、それよりも高い金額のものを買ったりすると、やっぱりネコの年間のえさ代としてはかなりかかってくることになりますね.

シャム猫の場合でも、例外ではありません.

だいたい100円前後で十分だと思います.

特に乾燥系のキャストフードの場合は小粒タイプのものを与えるはそんなに食べることはないと思いますので、十分だと思いますよ。

となると逆解釈からすれば悪いキャットフードの場合は、大きく作られていて、それが、高く販売されてるってことになりますね.

また、食欲をそそるようなものが大量に含まれていて、栄養になるとかではなく、単純に早く消費するように作られたものは考えものだといえるでしょう.

猫のことを考えて作った会社はやっぱり信用がおけます。

そういうことを考えて購入するといいのではないでしょうか.